アルカデルト・コンソート - 横浜を中心に、中世・ルネサンスから現代までの無伴奏合唱曲(ア・カペラ)をレパートリーとして活動しています。

TOP > アルカデルト・コンソートとは

アルカデルト・コンソートとは

アルカデルト・コンソートは、
グレゴリオ聖歌から中世・ルネサンスからまでの、
無伴奏合唱曲(ア・カペラ)をレパートリーとする合唱団です。
無伴奏ゆえの音色を保つ難しさ、ラテン語の発音に四苦八苦しながら、
できるだけ正しく、美しく歌えるよう、努力し学んでいます。

日々の成果が美しい響きを生み、それを体感すること。
それは私たち全員の目標であり、楽しみでもあります。

活動内容

定期演奏会を目標に、ミサ、モテット等の宗教曲を練習していきます。また日々の練習を通じ、ア・カペラに適した 「無理のない発声法」 を体得するとともに、ア・カペラ音楽への理解を深めていきます。

メンバー数

14名 (ソプラノ5名、アルト3名、テナー3名、ベース3名)*2017.7.24現在
>> 団員募集についてはこちらをご覧ください。

現在の練習曲

演奏会終了直後につき、取り組む曲を選定中です。ミサ曲はやります。

過去の演奏曲はこちら

練習について

練習場所・時間

毎週火曜日19:00~21:00
大倉山記念館(横浜市港北区、東急東横線「大倉山駅」下車徒歩5分)
>> 大倉山記念館ウェブサイト

主な練習パターン

※練習パターンは、月により異なる場合があります。

 

頻度

指導

指揮者による指導

月2回~3回

安邨先生

自主練習

月1回~2回

-

沿革

1993年

4月

新田光信先生が中心となってアルカデルトコンソート設立

1998年

8月

指揮者として望月寛之先生を迎え、第2期アルカデルト・コンソートとして活動開始

2015年

7月

指揮者として安邨尚美先生を迎え、第3期アルカデルト・コンソートとして活動開始

TOP | ニュース | アルカデルト・コンソートとは | 指導者紹介 | 演奏会の記録 | お問い合わせ